素敵な家にしたいけど予算が足りない!さてどうする?

注文住宅と予算の問題について

注文住宅の魅力は、自分達が理想としている住宅を設計できることにあります。建売住宅との違いはこの点に尽きるといっても過言ではないでしょう。ですが、注文住宅の魅力の裏には、お金がかかるという問題点があります。建売住宅と注文住宅を同じ条件で比較した場合、例えば、場所と土地の広さ、家の広さや素材などがすべて同じと考えた場合、注文住宅のほうが2割から3割ほど高くなるのが相場になります。
その理由は、土地を個別に買わなければならないことが一つです。分譲住宅と比較すると分かりますが、分譲住宅の場合は、広い土地を一括で業者が手に入れるので安くなります。また、建物の資材も一括で購入するので注文住宅よりも安いのです。

注文住宅を安くするには

では、どうしたら注文住宅を安くすることができるでしょうか。その一つは、ローコスト住宅を建てることです。素材はそれほど変わらなくても、角をなくすことで住宅は安くなります。極端な話、いびつな形をした住宅と正方形の住宅があった場合、どちらが安いかと言われれば、後者の方が安くなります。角が少ない分手間がかからないからです。
もう一つ安く作る方法は、ハウスメーカーのパック商品を購入することです。基本は建売住宅と同じですが、オプションを付け加えることで、理想に近い住宅を建築することができます。例えば、2階にトイレを付ける場合には2階にトイレのオプションを付ければいいだけです。ただし、基本の設計は変えることができない点は注意が必要です。

SE工法とは、鉄筋造住宅に広く取り入れられていたラーメン工法を、木造住宅に応用した工法のことです。木造でありながら高い耐震性を持つことが特徴で、近年この工法の着工件数が増えています。

© Copyright Living Spaces Locations. All Rights Reserved.